採用情報

夢のつれづれに - 私の願い -
やってみなわからん! - 私の体験 -
風の見える朝 - 私の思い -

先輩社員インタビュー

2012年入社 技術開発部(本社勤務) 小林 真一郎

就職活動中はどのような業種、職種を中心に活動していましたか?
世の中に無いものが作りたい、自分の技術力を磨き、技術者として飯を食っていけるようになりたい、という想いがあったので、技術力のある大手や、新しいモノづくりに挑戦している中小など、規模に拘らず就職活動をしていました。 特に多かったのは産業用ロボットや医療・介護機器を作っている会社でした。
その中で最終的にテクノスジャパンを選び、入社を決めた理由は?
社長の「やってみなわからん」という言葉や、新しいモノづくりに意欲的にチャレンジしていくという会社の風土に、「ここだ」と思いました。MCTOSをはじめ、この会社なら世の中に無いモノづくりができる、技術者として腕を磨くこともできるんじゃないかと直感したからです。
入社前と入社後のイメージのギャップはありますか?
具体的にどんな点ですか?
入社前にあらかじめ言われてはいたんですが、前職とは違い、電気回路の設計だけをやればよいのではなく、例えば使用する部品についても業者と交渉したり、自分で工作機械を使って試作品の筐体を作ったり、これ以外にも本当に色々なことをやらなければならないことに驚きました。
現在の仕事内容を具体的に教えて下さい。
新製品の設計・開発業務と、弊社既製品の修理・改造をしています。設計・開発では、仕様の範囲内で、商品の外装から内部の回路設計まで、幅広くやらせてもらっています。
その仕事の面白い点、やりがいを感じる点、大変な点を教えて下さい。
新しいものを作るとなると、どういった回路にするか、マイコンにはどういう動作をプログラムするか、などを自分で考え、決定して、最後までやりぬかなければなりません。毎回のように起こる不具合を、最後は自分の力で解決しなければならないので、いつも苦労していますが、課題を乗り越えて上手く動作したときの達成感は、代え難いものがあります。そうした所にモノづくりの醍醐味を感じています。
会社の雰囲気や社風など、働く環境はいかがですか?
社内の雰囲気・風通しも良く、皆さん親切な方なので、いつも助けられています。
和気藹々としているので、働きやすい環境だと感じています。
休日もしくは仕事後はどのように過ごしていますか?
休日は、電気回路の勉強をするなど能力開発に勤しんだり、山登りをはじめとするアウトドア体験や日帰りの旅行などで非日常を味わったりしています。雨の日は家で映画を見たりすることが多いですね。
テクノスジャパンのPRを兼ねて、就職活動者にメッセージをお願いします。
テクノスジャパンは、老(介護)・農(農業)・環(環境)・心(精神)の4分野について、世の中のニーズに応えたモノづくりで、社会貢献していくことを目指しています。技術者として自分の技術力を総動員し、人の役に立つ商品を作るということは、人生を有意義に生きる大きなモチベーションになると思います。技術者として人の役に立つものを作りたいという熱意のある方は、弊社を候補に入れられることをお勧めします。

ある日のスケジュール

一覧へ戻る