コラム

最新記事

夢のつれづれに - 私の願い -
やってみなわからん! - 私の体験 -
風の見える朝 - 私の思い -

社長のコラム『夢のつれづれに』 - 私の願い -

No67. 喉元過ぎれば、熱さ忘れる!

投稿日:
投稿者:
大西 秀憲

カルロス・ゴーン氏が逮捕・勾留されて約2カ月になる。
  ・・・私は彼を偉大な経営者と評価しているので、敢えて「氏」を付けて呼ぶ。
例によって日本のメディアは「情緒的な内容」を連日賑やかに報道している
  報道の中心は、ほとんどがゴーン氏の「金」に纏わる話である
    50億円と云うような数字が報道で出てくる
役員報酬の額である。
  因みにゴーン氏の2017年の役員報酬は「7億3000万円」である。
   「海外に送金した」とか、「会社が住居費を払った」とか、「報酬額の一部をプールしていた」とか、要するに金の話である。
     メディアに出演するコメンテーターとか解説者の話す内容は「要するに報酬額(金)」に関してである。
       彼らの切り口は「ゴーン氏の報酬が高すぎる!」と云う点で一致している。
        7億も貰っている!とか、10億も貰っている!と云う類の話。
          自分を含め、一般人や他の企業のCEOに比べて、ゴーン氏は貰い過ぎだ!と云う捉え方と認識がある。
一寸待ってくれ!
  なぜ?一般人とゴーン氏を比較するのか?
   なぜ?他の日本企業のCEOとゴーン氏を比較するのか?
     私は、これがさっぱり分からない。
一般人が企業経営したか! コメンテータが経営したか! 評論家が経営したか! テレビキャスターが経営したか!
  日本のテレビ放送、夜のニュース番組のキャスターの年収を知っていますか?
    ニュース〇〇ー〇〇ン、当時のキャスター「〇館さん」の年収は約20億だった事を知っていますか?
      その前任者、悪評高い「〇米 宏」、1日の出演料は約800万円だった。
        言っちゃ何だが、テレビキャスタとゴーン氏を比べるのは、失礼だろ!
           ゴーン氏は「世界のトップクラスの自動車会社」、そのCEOですよ!
「のど元過ぎれば熱さ忘れる」と云う諺がある。
  ゴーン氏の、物凄い功績を日本人は、もう忘れたのだろうか?
    (本来なら、ゴーン氏に日本国最高の勲章を授与しても、おかしくないと私は思う)
20年前、倒産してもおかしくない日産に来て、その類まれな手腕を発揮して「見事に復活させた」事を忘れたのだろうか?
  日産がいよいよ最悪の局面の時、日本の経営者は誰か?助けたか?
    政治家や日本国は、助けたか?  メディアやテレビ局は「救え日産!!」を国民に呼びかけたか?
      誰も、何もせず「傍観しているだけ」だったではないか!

云うまでも無い事だが、日産を救い、再生させ、再び一流企業にしたのは「全てゴーン氏の手腕」である!
  2018年、日産の売上高は約12兆円、経常利益は7500億円である。 経常利益率は7%を超える!
    更に近年、例えば2012年以降の各年の経常利益は「5500億円~8600億円」を稼ぐ優秀さである!
      ゴーン氏一人で全てをやったとは言わないが、CEOのゴーン氏が経営したからである。
         経営の素人、野次馬達が、好き勝手言うのは自由であるが、経営はショーではなく、リアルな勝負である。
外国人のゴーン氏だったから「奇跡のV字回復」ができた事を忘れてはいけない。
  もし、20年前、日産が経営破綻していたら、どれだけ甚大な損害と経済的なダメージを与えたであろうか!
    政治も経済も日本社会も、一企業の問題と、他人事では済まなかったはずだ。
      日産の社員とその家族、多くの子会社の社員と家族、実に多くの関連業者の社員とその家族、合わせたら何人になるか!
恐らく、100万人以上になるのではないだろうか?
  この人達、そして国民にとっては「正に救いの神」であり、神様・仏様・ゴーン様であろう!

要するに、日本の経済も政治も企業も、「ゴーン氏に足を向けて寝られなかったはず」である。
  そしてゴーン日産は、以後毎年営業利益率でも7%台を維持しているのだ。
    つまり、それだけ莫大な額の「納税で日本国と日本社会に貢献している」のである!
      本来なら、ゴーン氏の年報酬額は100億円でも安い! と思う。
        日産の社員の平均年収は「約800万円強」であり、日本の給与所得者・平均年収の2倍近い!
          これは「誰のおかげか!」
とにかく、日本の物差しで世界を計ってはいけない!
  世界の大企業の経営者(USA、EU、中国)の年収を見てから、ゴーン氏の年収を批判すべきである!
    とにかく、日本の経営者の年収は低すぎる!!
      その理由は日本独特で、やっかみ、妬み、そねみ 等々で一般人・取分けメディアが経営者の年収を見るからである。
いいじゃないか! それだけの仕事と働きをして高い年収を得、その結果多額の納税で社会貢献するのだから!
  なぜ? 経営者の報酬が高かったらダメなのか?
    誰に迷惑をかけるのか?
      ゴーン氏も、いっそ「年報酬で500億円位」貰ったらよかったのに!! ・・・他の経営者の励みになる!
         それだけの価値はあるのだ!
それにしてもゴーン氏は油断していたと思う! ・・・慢心があったのかも知れない(あるいは罠に嵌ったか?)
  逮捕のニュースを見て、私はすぐに「本能寺の変」が浮かんだ。
    織田信長とゴーン氏の状況、よく似ている。
      信長は「もはや敵なし!」と踏んで、近習ごく少数で行動し「本能寺に宿泊」した。
ここを襲われたのである。
  ゴーンさんも、まさか「子飼いの部下」が自分を売るとは思っておらず、羽田での逮捕など想像していなかったと思う。
    まさに、「この隙を狙われた!」のである。
      会社に入れば「天皇」であるが、空港では一人の人間である・・・
今の日産の経営者層の人達は、永年に亘り「ゴーン氏と一緒にやってきた人達」である。
  司法取引で自分の罪は免れ、「悪いのはゴーンだ!」と言うのは、どう見ても無理がある。
    あんたら「同じ穴のムジナ」、「一蓮托生」、「運命共同体」だろうが!!
以上は、表層的な面である。
  今回のゴーン氏事件、本当の理由は別にある
    それは「ルノーホールディングス(仮称?)」設立が本質だ!と私は思う。
「新たに作るホールディングス」が3社(日産・三菱・ルノー)を束ね、牛耳り、利益を吸い上げ、全部をフランスの物にする!
  この絵を描いて実行に移ろうとしているのでは?
    つまり、日産も三菱も合法的にフランスのものになるのだ
      絵を描いたのは「フランス」であろう。 ・・・とにかくルノーはフランス国のものだから
フランスが描いた、このような絵を実行できるのはゴーン氏しか居ない。 ・・・後は小物過ぎて役に立たない! 
  恐らくフランス国とゴーン氏の間で、実行プログラムのシュミレーションが頻繁に繰り返されていたはずだ。
    これをやられると一番困るのは「日本」である!
      何しろ、日産と三菱を同時に失うのである!
そこでキーマンに「いいがかりを付け」別件逮捕で身柄を拘束したのではないか?
  ゴーン氏が居ない間(勾留中)に、堀を全部埋めてしまえ!という事か? 
    従って、勾留は永くないと都合が悪いのである・・・
      つまり、ゴーン氏事件の本質は、金では無く、フランスと日本の政治問題である!

今後、フランスがどう出るか? 恐らく黙っては居ない!!
その場合の覚悟を「日本政府」がしているか?

back

一覧へ戻る

『夢のつれづれに』 - 私の願い -はこちらから
『やってみなわからん!』-私の体験-はこちらから
『風の見える朝』はこちらから