コラム

最新記事

夢のつれづれに - 私の願い -
やってみなわからん! - 私の体験 -
風の見える朝 - 私の思い -

社長のコラム『風の見える朝』

No62. 天変地異の前兆か?

投稿日:
投稿者:
大西秀憲
大きな天変地異が起こる時には必ず前兆がある。
最近の自然環境で起きる現象を見ると、この前兆のような気がする。
(2~3年の変化で異常を言うのは間違いが多いが、数十年の変化で異常を
言うのは許されることだと思う)
とにかく「前兆」と思われる異常について書く。

1.動物の出没

「鹿」: 集団!で民家に出て畑を荒らし回る。
      以前も鹿はいたが、集団では見たことが無い!
      とにかく、家の周りの畑は「鹿の糞」だらけである。

「狸」: 数年前から、やたらと狸が増えた。
      道で轢かれた狸の数は半端なものではない。
      車に轢かれるのは確率だから、要するにそれだけ数が多い訳だ。
      当然、家の周りに住み着き、夜になると出没する。
      そして、例外なく痩せてガリガリである。

「いたち」:3年ほど前から家と離れの天井裏に住み着いた。
       天井の「断熱材」が気に入ったらしく、住家にしている。
       同じ場所で「小便」と「糞」をするので天井に「しみ」がある。
       昔も、いたちはいたが、家に住み着くことは無かった。

「さる」: ついに「猿」が出没しだした。
       私の家ではないが、従兄弟の家の前に猿が来てウロウロした。
       こんな所に「猿」が出るとは! 私は初めて聞いた。
       私の母親は91歳であるが、やはり猿は初めてだと言う!

「熊」: そして究極は「熊」である。
      まさか! それが「本当になった」のである!!
      中国山脈の中央になら居るかもしれないが、アーバン山崎である。
      こんな所に「熊」が出る訳がない!と思っていた。
      ところが、私は去年「熊」を見たのだ! 15m程の距離で!
      誰に話しても信用しなかった・・・去年は。
      ところが、今年は沢山の人が目撃している。
      また、全国各地の意外な場所に「熊」が出没したニュースがある。
      熊が里(民家まで)に出るのは異常である。
       (彼らも命はおしい)
      熊は柿ノ木に登って「柿」を食べるのだ!
      それだけ、山には食べ物が無い!(どこかの国のようだ!)

以上、書いたのは、とんでもない山奥の話では無い。
中国自動車道、山崎ICから南に約3Km、日本の「普通の田舎」の話である。

とにかく、91歳になる母が聞いたことも、見たこともない事が起きている。
つまり、約100年無かったことが、起きているのだ!
動物の世界(自然環境)に何が起きているのか?
(食べ物が無くなったことは確かであるが・・・)
自然界から食べ物が無くなったことは、何を意味するのか?
これは単なる、自然サイクルなのか? 又は異常なのか?

2.食べ物

「干し柿」

私は今年、約90個の渋柿を剥いて「干し柿」にした。(11月)
正月に食べるためである。
それを2階のベランダに干したが、これが失敗だったのである。
「ほとんどきれいに鳥が食べて」残ったのは約4個ほど・・・
毎年、干し柿をつるすが、こんなことは「今年が初めて」である!

「果物」

私は「キウイフルーツ」を作っている。
今年は「手入れのかい」あってか、約500個ほど大きな実になった。
皆に配るのと、食べるのを楽しみにしていた!
ところが、ある日気が付いたら、ほとんど無くなっていた・・・・
きれいに、鳥が食べてしまったのだ!! ・・・ああ無常!
こんなことは、もちろん初めてである!

つまり、動物だけでなく、鳥も食べ物が無いのだ!
と、言う事は、虫も、昆虫も、蛇や蛙も、その他の生物も餌が無いのか?
地球上の全ての生物は循環という「秩序」で成り立っている。
そして、この循環に亀裂が入るのが「天変地異」である。
地球上の生物は(人間を除いて)天変地異を敏感に察知する能力を持つ!
これが彼らの「生き残りノーハウ」だからである。

自然界の異常は単なる自然のサイクルなのか?
あるいは、天変地異の前兆なのか?
いずれにしても、自然界から「人間へのサイン」と私は思うが・・・
しかし、準備をするにも、用心するにも、方法が無い!
人間の無力さ!は最近の「震災」で十分にわかっているはずである。

であれば、(大災害にぶつかれば)あきらめるしかない!のか・・・

back

back

一覧へ戻る

『夢のつれづれに』 - 私の願い -はこちらから
『やってみなわからん!』-私の体験-はこちらから
『風の見える朝』はこちらから