コラム

最新記事

夢のつれづれに - 私の願い -
やってみなわからん! - 私の体験 -
風の見える朝 - 私の思い -

社長のコラム『風の見える朝』

No60. いまさら白々しいこと言うな!

投稿日:
投稿者:
大西秀憲
先日、テレビのニュースで大学生の「一場君」が言い訳して謝っていた。
皆さんも同じようにテレビで見られたと思う。
彼が謝っているのはプロ野球の球団から「お金」を貰ったのがバレたからだ。
つまり、バレなければ、そのままで何も無かったのである。
しかし、大学生に渡した「金」のせいで、プロ野球球団のオーナーやら役員が
複数辞任する騒ぎになったので、誤魔化せなくなった。
「知らぬ顔の半兵衛」が出来にくくなったのだ。

「大学生の一場君」の言い訳会見の内容は概ね次の内容である。
1.球団から時々「封筒に入ったお金」を貰った。
2.最初はどうしょう?と思ったが、その内慣れてしまった。
3.お金のことは監督や関係者に、バレなければいいやと思った。
4.今考えると悪いことだと思っている。
5.貰ったお金は銀行に預けているので、返そうと思う。
6.できるなら、許してもらって、日本のプロ野球で野球を続けたい。
まあ、このような内容だったと思う。

「ドラフト」の情報には「大学生の一場君」について次のようにある。
  2004年ドラフト会議 注目選手 
  一場 靖弘 投 手 明治大 右右 183・82 154km、スライダーが武器 
記者会見ではマスコミが全て「一場投手」と呼んでいた。
私が、あえて「大学生の一場君」と書いたのには訳がある。
彼は未だプロではない!一般的に「投手」と呼ぶのはプロの選手である。
松坂は「松坂投手」でよい。 彼は正にプロの投手が「職業」であるから。
プロに入団して報酬を得るようになるまで一場君は「大学生」である。
それが、現在の彼の身分である。

私が書きたかったことは、もっと別のことである。
「なぜ?彼が謝るのか?」
「なぜ?彼が金を貰ったことが問題なのか?」
「なぜ?彼が野球人生の危機に立っているのか?」
「なぜ?プロ野球関係者が辞任しなければならないのか?」
「なぜ?マスコミはこれらを問題として取上げて騒ぐのか?」
以上が、私にはさっぱり分からないのです!!
皆さんは、以上について、問題点が的確に指摘できますか?

『いまさら、きれい事を言うな!』、『白々しい!』これが私の本心である。
例を挙げて説明しよう!
中学生で、野球・サッカー・陸上・バレー・バスケ等々が人より優れている
生徒は、その道の「高校」から、お呼びがかかる。
「特待生」で迎えます!(学費は当然免除です)(テストもありません)
そして、「寮費」も全て免除です! 更に「遠征費用」も持ちます!
以上の、誘いは日本中、至る所で行われている「日常茶飯事」である!
ほとんどの日本人は、これらのことを知っている!
最も派手なのは「高校野球」である。・・実態はプロ野球の高校版。
ものすごい額の金が動いて、全国的な獲得合戦をしているのが実態。
・・・これを知らぬ顔をして「純粋な汗と涙の甲子園」としてバーチャル
な像を勝手に作り上げて、扇動しているのがマスコミ。

運動する生徒に対して、学費免除・寮費免除・遠征費(つまり交通費と
食費)全額負担という待遇は、極めて日常的で普通のことである。
この特別待遇に対して、誰も問題にもしない。
マスコミが問題として取上げたことも聞かない。
高校の校長が「責任を取って辞任した」ということも聞いたことがない。
つまり、日本中で高校から大学まで広く一般的に定常化していることなのだ。
しかし、生徒が「お金」を貰っていることに全く変りはない!
大学生が、遠征費や寮費という名目で「お金を貰う」ことと変りはない。
大学生の一場君の場合は「栄養費」・「交通費」であった。
高校生の費用と何が違うのか???  ・・・同じだ!

騒いでいるマスコミの中にも、子供を特待生で免除受けている人もいるはず!
つまり、みんな知っていることなのだ!
それを、大学生の一場君だけが貰って、しかも、極悪人のように言う!
「白々しいことを言うな! いまさら!』これが私の言いたいことである。

断っておきますが、私は一場君の肩を持ったり、非難しているのではない。
むしろ、私の野球嫌いは筋金入りである!
もし『いまさら「栄養費」・「交通費」を問題にするなら』日本中の
中学、高校、大学の大手術と大掃除をしなければならない!
これを「マスコミが取上げるなら」私は何も言わない。

back

back

一覧へ戻る

『夢のつれづれに』 - 私の願い -はこちらから
『やってみなわからん!』-私の体験-はこちらから
『風の見える朝』はこちらから