コラム

最新記事

夢のつれづれに - 私の願い -
やってみなわからん! - 私の体験 -
風の見える朝 - 私の思い -

社長のコラム『風の見える朝』

No18. アメリカの凄さと強さについて

投稿日:
投稿者:
大西秀憲
それにしても、アメリカと言う国は凄いものだ! 
今回のテロ後のアクションで、改めて凄さ!と強さ!を感じた。 
近く何かが起こる!と言う情報を事前に掴んでいた、という事ではない。 
私が感じたのは、起こった後の行動についてである。 

たった3日ほどで、国の意思決定が全て終わったことである。 
これには本当に驚いた!。 
上院も下院もほとんど全員一致で大統領に権限を与えたのである。 
国の重大な進路を電光石火で意思決定する。 
(一党独裁の社会主義国家なら理解できるが・・・・) 
自由と民主主義の国、アメリカにして、これができるのである! 
そこが、凄いと私は思うのである。 

もう一つ、凄い!と思ったことがある。 
民間人(一般のアメリカ人)が乗っている旅客機の撃墜を命令したことである。 
相談やコンセンサスを取り付けている時間はない。 
それは、瞬時の判断と決定である。 
撃墜=全員即死を承知の上である! これを国家が躊躇なく実行できる。 
本当に凄い!国である。 

翻って、その時日本は何をしていたか? 
対岸の火事、よろしくテレビのワイドショー的に、見物して居ただけだ! 
国会を臨時に召集してもいない! 
事件後、12時間もたってから総理が大統領に電話をしたらしい・・・ 
普段は、最大の同盟国と言っているのに! 
有事の時に何もしない同盟国があるだろうか? 
日本に近づく飛行機は撃墜せよ!と言えるであろうか? 
絶対に言えない! 

「いのちは地球より重い」というのが日本の定説である。 
こんなアホなことを、ぬけぬけと言った国の指導者がいた。 
福田と言う元総理大臣だった人である。 
20数年前、日本赤軍がダッカでハイジャック事件を起こした。 
この時、日本政府は犯人の要求を全て受け入れた。 
そして、刑務所に居る殺人犯や爆弾テロの犯人を無条件で釈放したのだ。 
あろうことか!20億円の持参金までつけて!(今なら100億円か?) 
「超法規的処置」と言う名目だった。 
この時の、総理大臣の発表が、「命は地球より重い」であった! 

命より大切なことがある! それをアメリカは今回示したのだ!!

back

back

一覧へ戻る

『夢のつれづれに』 - 私の願い -はこちらから
『やってみなわからん!』-私の体験-はこちらから
『風の見える朝』はこちらから