コラム

最新記事

夢のつれづれに - 私の願い -
やってみなわからん! - 私の体験 -
風の見える朝 - 私の思い -

社長のコラム『風の見える朝』

No15. 子供の頃の夏休み

投稿日:
投稿者:
大西秀憲
学校が夏休みになった。 
しかし、子供が川で遊んでいる姿が見えない。 
どこで、何をしているのでろうか? 
子供の頃、夏は魚採りが一日の仕事?であった。 
夕方、川に行って「つけ針」と「うなぎ籠」を仕掛ける。 
つけ針は棒に糸をつけ、それに重りと針をつけ、ミミズをつける。 
それを10本も20本も用意して、川に仕掛けるのだ。 
(子供に各々縄張りがあり、場所が決まっていた) 

朝早く(5時から6時ごろ)川に行って、仕掛けた物を上げる。 
なまず、うなぎが、かかっていた! ・・・感動と喜び! 
うなぎ籠は、うなぎの通り道に仕掛ける。 
腐った鮎を籠に入れると、必ずうなぎが採れた。・・・ノーハウ 
採れた獲物は子供がさばいていた。・・・「肥後の守」で! 
みんな、年上の子供がするのを見て、自分で覚えた。 

魚を採るのは人間の基本的な本能である。 
しかし、今の子供はそれを捨てた。 
長い夏休み、一体何をしているのだろうか? 
塾へ行って、テストノーハウを勉強しているのだろうか?

back

back

一覧へ戻る

『夢のつれづれに』 - 私の願い -はこちらから
『やってみなわからん!』-私の体験-はこちらから
『風の見える朝』はこちらから